二田紀子 Futada Noriko

1982年 秋田県生まれ
元フェンシング日本代表
世界選手権出場

小さい頃から沢山のスポーツを経験。
高校1年で出会ったフェンシングにのめり込む。
日本体育大学へ進学後も、日本一を目指し毎日厳しいトレーニングに励む。

3年時に学生チャンピオンとなり、その後日本代表へと選出させる。
世界選手権、ワールドカップに出場するもオリンピックへの出場が叶わずに引退。

結婚・出産を機に引退するも、後に指導者・選手として復帰。

現在は、

遊びから運動神経を育てる
おうちde体育運営責任者

全国の小学生に運動神経を育てるトレーニングを指導する。
指導実績は400人を超え、現在はオンラインコミュニティも運営。

幼少期、運動ができなかった自身の経験から、小学生に寄り添った必要なトレーニングを教える。

遊んでいるようなゲームのような感覚。
運動神経の基本を詰め込んだユニークなトレーニングは、継続率78%。

子どもは明確な目標と楽しさがないと継続できないもの。

いかにトレーニングを感じさせずに、12歳までに可能性を広げてあげられるかに重点をおく。

自身も3人の子育てママであり、昨年までは現役でプレーするも、全日本選手権を最後に引退。

現在は指導者として、日々新しいトレーニングを配信中。